[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 皮膚の薬x18p 乾燥・カユミの薬

保護・保湿薬
ワセリンプロペト尿素軟膏(ウレパール、ケラチナミン、パスタロン)、ヒルドイド、ツバキ油、オリーブ油など

カサカサした乾燥肌に用います。一般的な乾燥肌(皮脂欠乏症)のほか、主婦湿疹(進行性指掌角皮症)や老人性乾皮症、あるいはアトピー性皮膚炎などにも使われます。ワセリンは皮膚に膜をつくり、水分の蒸発を防いだり、皮膚を保護する役目をします。尿素軟膏やヒルドイドには、水分保持能力を高める働きがあります。皮膚が潤うと、乾燥によるカユミもやわらぎます。市販されている保湿剤入りクリームやローションにも良質なものがあります。感じのよいものがあれば使用してもよいでしょう。

メントール系外用薬
ハッカ水

メントール(ハッカ)には皮膚の冷受容器を刺激する作用があります。スーッとする刺激感により、カユミが打ち消されます。好き嫌いがあるかもしれませんが、虫刺され、じん麻疹など一時的なカユミに用いるとよいでしょう。病院では薄いハッカ水を炎症のない全身性カユミに用いることがあり、以外と効果的です。医療用にはこれといった製剤がないのですが、市販薬としてはムヒやウナ、メンソレータムなどたくさんの種類があります。広範なカユミには、ステロイドを含まないシンプルな成分構成のものを選ぶとよいでしょう。

その他の外用薬
レスタミンコーワ強力レスタミンコーチゾンオイラックスオイラックスH

レスタミンは、抗ヒスタミン薬を主成分とします。これに、弱めのステロイドとフラジオマイシンという抗生物質を加えたものが、強力レスタミンコーチゾン軟膏です。オイラックスは、クロタミトンといカユミ止めが主成分です。これに弱めのステロイドを加えたのがオイラックスHです。これらは、軽い湿疹やカユミの治療に使われています。オイラックスは疥癬(ダニの一種)にも有効です。

内用薬
※抗ヒスタミン薬(ポララミンザジテンゼスランセルテクトジルテックアレグラアレジオンエバステルアレロッククラリチンデザレックスビラノアルパフィンなど)、ステロイド薬(セレスタミン)、レミッチノピコール

カユミには飲み薬の抗ヒスタミン薬(抗アレルギー薬)も有効です。なかでも開発が新しい新世代の抗ヒスタミン薬は、口内乾燥や眠気の副作用が軽減され、日中でも使いやすくなりました。これらについては「湿疹(内用)」のページも参照ください。レミッチとノピコールは透析療法中のカユミに適応する新薬です。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • カサカサした乾燥肌はバリア機能が低下しています。ちょっとした刺激で炎症やカユミを起こしやすいのです。高齢の人に多くみられますが、若い人にも少なくありません。とくに冬場は乾燥しやすく、寝床やおふろに入って体が暖まると強いカユミを生じるものです。このような場合に、ワセリンなどの保護・保湿薬を用います。角質の水分保持能力が高まり、カユミも軽快します。体に合っていれば、市販の安価なものでかまいません。入浴後に塗るとよいでしょう。日頃からのスキンケアが何より大切です。

  • 乾燥肌の人は、あまり熱心に体を洗いすぎないようにしましょう。石鹸でゴシゴシ強く洗うと皮脂が落ちてしまうばかりか、水分を保持する角質まではがしてしまいます。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番