[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 皮膚の薬x18p じん麻疹の薬

第1世代 抗ヒスタミン薬
ポララミンペリアクチンタベジールなど

じん麻疹を引き起こす「ヒスタミン」をブロックして、カユミを止めます。速効性ですが、人によっては眠くなることがあります。車の運転など危険作業には注意してください。

第2世代 抗ヒスタミン薬
ザジテンゼスランセルテクトアゼプチンアレジオンエバステルジルテックアレグラアレロッククラリチンデザレックスビラノアルパフィン

ヒスタミンにまとを絞りより選択的に作用するのが第2世代抗ヒスタミン薬です。その第一の特徴は、口内の渇きなど抗コリン作用にもとずく副作用が全般的に軽減される点です。また、ザジテンとセルテクトを除いて、眠気や集中力の低下といった中枢抑制作用も弱くなっています。安全性の高い薬ですが、薬によっては肝臓の働きが悪くなったり、膀胱炎のような症状を起こすことがあります。長期に服用するときは、定期的に肝機能の検査を受けたほうがよいでしょう。

ステロイド薬
プレドニンプレドニゾロンレダコートメドロールパラメゾンリンデロン、(セレスタミン

ステロイド薬は基本的に使いません。ただ、症状の強いときに、一時的にステロイドでしのぐことがあるかもしれません。抗ヒスタミン薬とステロイド薬が配合されるセレスタミンも同様です。長期間、漫然と続けることは好ましくありません。

H2ブロッカー
タガメットザンタックガスター

本来は胃の薬でが、じん麻疹に応用されることがあります。じん麻疹を引き起こす「ヒスタミン」をブロックする作用があります。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • じん麻疹は、皮膚の少し深いところで「浮腫(むくみ)」が起きている状態です。ミミズ腫れのように赤く腫れ、カユミをともないます。ごく一過性で数時間で治ってしまうのが特徴的です。ただ、時間を変えて別の場所にでてくることがありますし、人によっては慢性的に生じることがあります。1カ月以上にわたり繰り返す場合を「慢性じん麻疹」とします。発生機序には、ヒスタミンという化学伝達物質がかかわっています。このヒスタミンをおさえるのが、抗ヒスタミン薬や抗アレルギー薬です。

  • 原因としては、食物や薬のアレルギー反応によるもの、かぜ、温熱、寒冷、日光、物理的な刺激、ストレスなど多岐にわたります。原因を特定できないこともありますが、じん麻疹は自然治癒する傾向の高い皮膚病です。必要以上に心配されることはありません。

  • ふつう、じん麻疹には塗り薬を使いません。皮膚の深い真皮というところで起きているので、塗り薬が届きにくいのです。けれど、一時的なカユミには市販のメントール系のカユミ止めが案外有効です。たとえば、昔ながらのムヒやキンカン(この手の薬は、以外と病院で使われない)。スーッとする冷刺激により、カユミが打ち消されます。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番