[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 腎・泌尿・痔x19 腎臓の薬-4

活性型ビタミンD
ワンアルファアルファロールロカルトロールホーネル

ビタミンDは、カルシウムの吸収や骨の代謝に深くかかわっています。腎臓が弱ると、血液中のリン濃度が上がり、ビタミンD活性化が不十分となります。すると、腸からのカルシウム吸収が低下、反動として副甲状腺ホルモン(PTH)が大量に放出されます。その結果、骨からカルシウムが溶け出し骨がもろくなってしまうのです。このようなときに、活性型ビタミンD製剤を用います。副甲状腺ホルモンの分泌を抑えるとともに、骨の代謝を正常にする働きがあります。副作用として、効き過ぎによる高カルシウム血症に注意が必要です。

リン吸着薬
カルタンフォスブロックレナジェルキックリンホスレノールリオナピートル酸化マグネシウム

慢性腎臓病における“高リン血症”に用いるお薬です。腎臓病が進行すると、リンの排泄が十分にできなくなり高リン血症をきたします。リンは透析でも除去できますが、一定以下に保つにはリン吸着薬の内服が必要です。これらの薬は、消化管内で食物中のリンと結合し、その吸収をじゃまして体内のリンを減らします。食物からのリン吸収を阻害するので、食事と間隔をあけずに飲むことが大事です。リンやカルシウム濃度の正常化は、副甲状腺機能亢進症や骨粗しょう症を防ぎ、さらにはリン酸カルシウムの体内沈着(異所性石灰化)をおさえ重い心血管系合併症を予防することにもなるのです。承認されている適応症として、透析期にだけ適用するものと、透析期にくわえ保存期慢性腎臓病にも適用可能な製剤があります。現時点、保存期に使用できるのはカルタンとホスレノール、キックリン、それとリオナです。ポリマー性のフォスブロックとレナジェル、鉄含有製剤のピートルは透析中の慢性腎不全に限られます。

リン吸着薬は大きくはカルシウム含有製剤と非含有製剤に分かれます。炭酸カルシウム製剤のカルタンは古くから使用されていますが、血清カルシウ濃度が高い場合はカルシウムを含まないカルシウム非含有製剤が適当です。非含有製剤には、ポリマー性のフォスブロック(レナジェルも同一)とキックリン、ランタン製剤のホスレノール、鉄含有製剤のリオナとピートルがあります。フォスブロックはすみやかな血清リン濃度の低減が期待できる一方、便秘や腹部膨満など消化器系の副作用がやや多いようです。キックリンは副作用の発現率が比較的低く代謝性アシドーシスの心配もありません。ホスレノールには噛み砕いて飲むチュアブル錠と、その必要のない顆粒剤があります。チュアブル錠は水なしで飲めるので、水分制限を気にせず服用できます。また、ポリマー製剤に比べ服薬錠数が少なめで飲むのが楽です。ホスレノールの副作用として吐き気や嘔吐がみられます。リオナとピートルは鉄分を含有する非ポリマー性リン吸着薬で、ポリマー性のフォスブロックと同等の有効性が示されています。ピートルはチュアブル錠になります。鉄は生理的な金属なので安全性が高いといえますが、やや下痢を起こしやすく、また長期服用時は鉄過剰症に念のため注意が必要です。

カルシウム受容体作動薬
レグパラ

副甲状腺のカルシウム受容体に直接作用する新薬です。透析治療中に発現する二次性副甲状腺機能亢進症の治療に用います。副甲状腺ホルモン(PTH)の分泌をおさえる作用により、骨からのカルシウム溶出が減り、骨の性状が改善、骨痛や関節痛もやわらぎます。さらに、血液中のカルシウム濃度が低下するので、血管壁の石灰化を防ぐことにもなります。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 慢性腎不全で長く透析を受けていると、高リン血症とともに「二次性副甲状腺機能亢進症」を併発することが多いです。副甲状腺ホルモン(PTH)が過剰に分泌されるため、骨からのカルシウム流出が激しくなり、いわゆる透析骨症(腎性骨症、繊維性骨炎)を起こします。骨が変形して痛み、骨折することもあります。さらに、血中カルシウムやリンの増加により、血管壁の石灰化(異所性石灰化)がすすみ、動脈硬化による重い心血管系合併症の原因にもなりかねません。

  • 二次性副甲状腺機能亢進症の治療目標は、PTHの低下をはかるとともに、血液中のカルシウムとリンの濃度を長期間正常に保つことです。これには、ビタミンD製剤の注射や飲み薬、カルシウム受容体作動薬のレグパラ錠などを用います。リンの濃度を下げるには、カルタンやフォスブロックなどのリン吸着薬を使います。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番