PR おくすり 110番

成分(一般名) 酸化マグネシウム
製品例 酸化マグネシウム、重質酸化マグネシウム、重カマ ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 制酸剤/無機塩/制酸剤

スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用

概説 便通をよくするお薬です。また、胃酸を中和する働きもあります。
作用

【作用-1】

腸内に水分を引き寄せ、便を軟化増大させます。その刺激で腸の運動が活発になり便通がつきます。

【作用-2】

胃の粘膜が弱ると、“胃酸”の刺激で胃炎や胃潰瘍を起こしやすくなります。このお薬には制酸作用があり、“胃酸”をおだやかに中和します。そうすることで、胃炎や胃潰瘍の治りをよくします。
特徴
  • 酸化マグネシウムは、昔からある古典的な薬ですが、今なお広く処方されています。通称「カマ」とか「カマグ」と呼ばれています。
  • 便秘症に処方されるケースが多いです。習慣性も少なく、長く飲み続けても効きめが落ちません。多めの水で服用するのがポイントです。
  • 利便性の高い錠剤と、用量の微調整ができる粉薬があります。
注意
【診察で】
  • 腎臓病など持病のある人は医師に伝えてください。
  • 服用中の薬は、医師に伝えましょう。

【注意する人】

大量のマグネシウムは心臓によくありません。また、腎臓が悪いとマグネシウムが体にたまりやすいです。そのため、心臓病や腎臓病のある人は、用量に注意するなど慎重に用いる必要があります。

  • 注意が必要なケース..心臓病、腎臓病、高マグネシウム血症、下痢を起こしている人、高齢の人など。

【飲み合わせ・食べ合わせ】
  • 同時服用により、他の薬の吸収をじゃまする性質があります。たとえば、テトラサイクリン系抗生物質、ニューキノロン系抗菌薬、セフェム系抗生物質のセフジニル(セフゾン)、骨の薬のビスホスフォネート系薬剤、強心薬のジギタリス製剤・・これらの薬効を減弱させるおそれがあります。服用時間を2〜3時間あければ大丈夫です。
  • 骨粗鬆症の薬のビタミンD3製剤(ワンアルファ、アルファロール)との併用により、高マグネシウム血症を起こしやすくなります。とくに、腎臓の悪い人は注意が必要です。
  • カルシウム(Ca:1日1g以上)や、牛乳(1日1リットル以上)の大量摂取は控えましょう。この薬の影響で、ミルク・アルカリ症候群(高カルシウム血症、高窒素血症、アルカローシス等)を起こすおそれがあります。

【使用にあたり】
  • 決められた飲み方を守ってください。症状によって飲み方が違います。
  • 便秘症の場合、寝る前に飲むことも多いです。できるだけ多めの水(コップ一杯)で飲むとよいでしょう。

【検査】

長期に大量を飲み続けている場合、血清マグネシウム濃度を測定することがあります。
効能

【効能A】

便秘。

【効能B】

下記疾患における制酸作用と症状の改善。

  • 胃・十二指腸潰瘍。
  • 胃炎(急・慢性胃炎、薬剤性胃炎を含む)。
  • 上部消化管機能異常(神経性食思不振、いわゆる胃下垂症、胃酸過多症を含む)。

【効能C】

尿路蓚酸カルシウム結石の発生予防。
用法

【効能A】

緩下剤として使用する場合..酸化マグネシウムとして、通常成人1日2gを食前又は食後の3回に分割経口服用するか、又は就寝前に1回服用する。

【効能B】

制酸剤として使用する場合..酸化マグネシウムとして、通常成人1日0.5〜1.0gを数回に分割経口服用する。

【効能C】

尿路蓚酸カルシウム結石の発生予防に使用する場合..酸化マグネシウムとして、通常成人1日0.2〜0.6gを多量の水とともに経口服用する。なお、いずれの場合も年齢、症状により適宜増減する。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 安全性の高いお薬ですが、服用量が多いときなど、人によっては便がやわらかくなったり軽い腹痛を起こすことがあります。症状によっては、服用量の調整が必要ですので、早めに受診し医師と相談してみるとよいでしょう。

長期大量服用時は「高マグネシウム血症」に念のため注意してください。とくに腎臓の悪い人や高齢の人、あるいは骨の薬のビタミンD3製剤と併用しているときに起こりやすいです。ふだん健康な若い人はまず問題ないと思います。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 高マグネシウム血症..だるい、吐き気、吐く、口が渇く、皮膚発赤、まぶたが下がる、筋力低下、眠気、血圧低下、徐脈、息苦しい、意識がうすれる。

【その他】
  • 軟便、下痢、腹痛
  • 血清マグネシウム値の軽微な上昇

概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
おくすり110番

注意! すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う、「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。