[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue がんの薬x18 胃がんの薬

代謝拮抗薬(フッ化ピリミジン系)
5FUフトラフール(FT)、フルツロン(5-DFUR)、ユーエフティ(UFT)、ティーエスワン(TS-1)、ゼローダ(Cap)

5FUことフルオロウラシルもしくはその誘導体です。化学構造的にフッ化ピリミジン系になり、作用機序からは代謝拮抗薬に分類されます。この系統は胃がんなど消化器がんの一次治療に標準的に使用されています。5FUは歴史の長い基本的な抗がん薬なのですが、作用時間が短く十分な治療効果が得られにくいのが欠点です。このため、本格的な治療には同成分による持続点滴をおこなう必要があります。飲み薬としては、5FUやフトラフールから、開発が新しいユーエフティやティーエスワンさらにはゼローダに処方が移っています。これらの新薬は、体内で徐々に5FUに変化するプロドラッグで、作用時間の延長とともに抗腫瘍作用のさらなる増強が見込めます。

ティーエスワンは、進行胃がんの初回治療として白金製剤のシスプラチン(CDDP)と併用されることが多く、また標準的な術後補助化学療法としても推奨されます。いちばん新しいゼローダは、腫瘍組織で5FUに変換されるプロドラッグで、腫瘍選択性に優れるのが特徴です。HER2陽性例にシスプラチンとトラスツズマブ(ハーセプチン注射用)とともに併用されるほか、術後においてはオキサリプラチン併用療法(XELOX療法)の有効性が示されています。この系統の副作用として吐き気や下痢、口内炎、皮膚炎などがみられますが、重篤なものはそれほど多くありません(白金製剤との併用で発現率が高まります)。比較的安全に使用できることから外来治療に適します。

代謝拮抗薬(葉酸代謝拮抗薬)
メソトレキセート(MTX)

がん細胞の増殖に必要な葉酸のはたらきを妨害する作用があります。胃がんに対しては、5FUとともにメソトレキセートを注射する方法がとられています。この併用療法により、5FUの効力が強まり有効率が高まります。副作用の予防に、以下の葉酸製剤と併用することが多いです。

葉酸製剤
ロイコボリン(dl-LV)、アイソボリン(l-LV)

ビタミンの一種“葉酸”の活性製剤です。この薬自体に抗がん作用はありませんが、メトトレキサートの毒性軽減やフッ化ピリミジン系抗がん薬の作用増強に有用です。同成分の注射薬による治療が広くおこなわれています。

免疫賦活薬
クレスチン(PSK)、ピシバニール、レンチナン

体が持っている免疫反応を高めて、がんに対する抵抗力をつけます。単独ではほとんど効果がありませんが、他の抗がん薬と併用することで、より長生きにつながる可能性がなくはありません。クレスチンは、きのこの一種のカワラタケから取り出した多糖類を有効成分とします。ピシバニールとレンチナンは注射薬です。

その他の注射薬
※ブリプラチン・ランダ(CDDP)、エルプラット(Oxa、L-OHP)、タキソール(PTX)、タキソテール(DTX)、トポテシン・カンプト(CPT)、マイトマイシン(MMC)、アドリアシン(DXR)、ハーセプチン

シスプラチンを有効成分とする白金製剤のブリプラチンとランダは、5FUやティーエスワン、ゼローダなどフッ化ピリミジン系抗がん薬との併用療法として汎用されています。エルプラットは白金錯化合物のオキサリプラチンを含有する点滴静注液で、術後治療におけるゼローダとの併用療法(XELOX療法)の有効性が示されています。二次治療としては、植物アルカロイドのトポテシンやカンプト、タキソール、タキソテール、抗生物質のマイトマイシンやアドリアシンなどが用いられます。最後のハーセプチンはいわゆる分子標的薬の部類で、HER2というがん遺伝子が発現している場合に適用されます。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 胃がんに限らず、がんの治療は内視鏡もしくは手術による切除を基本とします。抗がん薬による化学療法は、手術ができない場合や手術後の補助療法としておこなわれます。残念ながら、抗がん薬だけで胃がんを完治させることは困難です。

  • 胃がんに対する治療法(レジメン)がいろいろと作られています。入院して点滴による強力な治療をおこなったあと、外来でフッ化ピリミジン系の飲み薬で治療を続けることも可能です。現在、初回治療として推奨されるのが、飲み薬のティーエスワン(TS-1)と注射薬のシスプラチン(CDDP)の組み合わせです。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番