[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 脂質異常の薬x3 脂質異常の薬-2

フィブラート系
クロフィブラート(アモトリール)、リポクリンベザトールリピディルトライコア

トリグリセライドいわゆる中性脂肪を低下させるもっとも確実な薬剤です。トリグリセライドの生合成を抑制したり、分解を促進することでトリグリセライドを低減します。また、善玉コレステロール(HDL-C)を増やしたり、悪玉コレステロール(LDL-C)を少し低下させる作用も持ち合わせています。このような特性から、高脂血症のうちでとくに高トリグリセライド血症をともなう場合に有益です。コレステロール値だけが高い高脂血症には向きません。コレステロールとトリグリセライドの両方が高い場合 スタチンとの併用療法が検討されますが、この場合は横紋筋融解症の発現に注意が必要です。

クロフィブラートとリポクリンは古くからの第一世代の薬剤であまり処方されなくなりました。最近はベザトールやリピディルなど より強力な第二世代フィブラート系薬剤が処方されることがほとんどです。かなり昔におこなわれたクロフィブラートによる大規模臨床試験ではよい結果がえられませんでしたが、第二世代フィブラート系薬剤による糖尿病のある人を対象とした長期試験でよい成績が報告されています。心筋梗塞のリスクを低下させるほか、糖尿病性網膜症や糖尿病性腎症の抑制効果も期待できるようです。2型糖尿病のほか、メタボリックシンドロームを合併する高トリグリセライド血症にも向きます。

EPA製剤
エパデールロトリガ

エパデールは魚油成分の一種EPAことイコサペント酸エチル製剤です。トリグリセライド低下作用にくわえ、抗血小板作用をもち血管内で血液が固まるのを防ぐ働きもします。大規模臨床試験で、実際に心臓病の予防効果が認められています。新薬のロトリガはイコサペント酸エチルとドコサヘキサエン酸エチル(DHA-E)を主とした複数の成分を含有するトリグリセライド低下薬になります。どちらも、それほど強力ではありませんが、安全性が高く肝臓病や腎臓病を合併しフィブラート系薬剤が使いにくいときにも処方可能です。コレステロール低下作用をもつスタチン薬との併用も問題ありません。

ニコチン酸系
ユベラニコチネートペリシットコレキサミン

ニコチン酸誘導体は、トリグリセライド値とコレステロール値の両方を改善します。トリグリセライドを低下させるとともに、いわゆる悪玉コレステロールが減り、善玉コレステロールはむしろ増加します。さらに、コレステロールの一種リポプロテイン(a)を低下させる働きもあります。ニコチン酸はビタミンBの一種で、副作用も少なく長期服用も安心です。飲みはじめに、顔のほてりや紅潮がよくみられますが、たいてい1〜2週間で軽くなると思います。ユベラニコチネートは、副作用のないおだやかな薬として、古くから多用されています。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • コレステロールは、臨床的意義により大きく2つのタイプに分類されます。一つは悪玉とされるLDLコレステロール、もう一つは善玉のHDLコレステロールです。LDLは肝臓からコレステロールを全身の組織に運ぶ役目をしているのですが、多すぎると血管内壁に入り込み動脈硬化をすすめます。一方、善玉とされるHDLは、全身の組織から余分なコレステロールを回収し肝臓に戻します。このHDLコレステロールが少なすぎるのも良くないので、脂質異常症(高脂血症)のひとつの判定基準となります。

  • トリグリセライド(中性脂肪)も脂質異常症の主要な判定基準です。トリグリセライドはエネルギー源として体に蓄えられるのですが、必要以上に高いと動脈硬化を促進する危険因子となってしまいます。そのほか、最近注目されている新顔のコレステロールにリポプロテイン(a)があります。独立した危険因子とされ、動脈硬化をすすめ心筋梗塞の危険性を高めます。

  • スタチンやフィブラート系薬剤による心筋梗塞の予防効果や予後改善効果は、いくつもの大規模臨床試験で証明されています。高脂血症の人に用いた場合、心筋梗塞などのリスクをおおよそ30%減らせることが分かっています。とくに、心筋梗塞のリスクの高い人、たとえば狭心症や心筋梗塞をすでに発症している人、高血圧や糖尿病のある人では有用性が高いです。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番