[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 脂質異常の薬x3 脂質異常の薬-1

スタチン
メバロチンリポバスローコールリピトールリバロクレストール

効果が確実なコレステロール低下薬です。脂質異常症で多くをしめる高コレステロール血症には、たいていこの系統が処方されます。肝臓でのコレステロールの生合成を抑制することで、いわゆる悪玉コレステロールのLDLコレステロールを減らします。動脈硬化の抑制効果があることから、動脈硬化性疾患の発現リスクが高い場合にとくに有益です。実際に心筋梗塞を予防するなどして、死亡率を低下させることが大規模臨床試験で証明されています。

開発が比較的古い初めの3剤(メバロチン、リポバス、ローコール)をスタンダードスタチン、開発が新しくより強力な後の3剤(リピトール、リバロ、クレストール)をストロングスタチンと呼ぶことがあります。その低下作用は、前者でおおよそ15%、後者で30%くらいです。コレステロールにくわえトリグリセライド(中性脂肪)を低下させる作用もありますが、こちらはそれほど強くありません。副作用として、まれに筋肉障害や肝障害を起こすことがあります。いつもの違う手足のしびれやこわばり、筋肉痛、脱力、吐き気や嘔吐といった症状に注意しましょう。

メバロチンは処方実績が豊富な安全性の高い水溶性スタチンです。特性のひとつとして薬物相互作用が少ない点もあげられます。次のリポバスは1日1回服用の脂溶性の高いスタンダードスタチンです。ローコールには活性酸素に対する抗酸化能をもつことが知られています。リピトールは第2世代の強力なストロングスタチンで、コレステロールを十分に低下させたい場合に好んで用いられます。リバロとクレストールは薬物相互作用が少ないストロングスタチンです。

エゼチミブ製剤
ゼチーア

「小腸コレステロールトランスポーター阻害薬」と呼ばれるコレステロール吸収阻害薬です。小腸において、胆汁性および食事性コレステロールの吸収を選択的に阻害します。いわゆる悪玉のLDLコレステロールが減る一方、善玉のHDLコレステロールはむしろ増加します。作用増強のためスタチン薬と併用することが多いです。重い急性冠症候群(狭心症や心筋梗塞)を対象とした長期大規模試験(IMPROVE-IT)において、スタチン薬のリポバスとの併用治療により、心筋梗塞など心血管イベントの低減効果が示されています。

エゼチミブ・スタチン配合剤
アトーゼット

上記ゼチーアとスタチンの配合剤になります。スタチンはストロングスタチンのリピトールを採用。2成分により、血中コレステロールが相補的に低下し、単独治療を上回る効果が期待できます。処方対象となるのは、スタチン単独治療で効果不十分な場合、あるいは同成分による併用治療をすでにおこなっている場合です。

陰イオン交換樹脂
クエストランコレバイン

腸管内で胆汁酸(胆汁性コレステロール)を吸着し排泄を促進します。すると、代償的にコレステロールから胆汁酸への異化がすすみ、結果的にコレステロール値が低下します。副作用で一番多いのは便秘です。ほかに、膨満感、食欲不振、吐き気、軟便などもみらます。脂溶性ビタミンや、他の併用薬の吸収を阻害する性質があります。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 脂質異常症(高脂血症)とは、血液中の悪玉コレステロール(LDL-C)やトリグリセライド(中性脂肪)が多すぎる場合、あるいは善玉コレステロール(HDL-C)が少ない状態のことです。自覚症状がなくても、動脈硬化がすすみ、狭心症や心筋梗塞をまねく要因になります。そこで、上記のようなコレステロール低下薬を使い血中コレステロールを下げる必要性がでてくるわけです。なお、高トリグリセライド血症をともなう場合には次項のトリグリセライド低下薬を用いるようにします。

  • 心筋梗塞の多くは、冠血管内の動脈硬化性プラーク(脂肪などの塊)に血栓ができたり、プラーク自体が破れ、血管が詰まることで起こります。スタチンの内服によりコレステロール値が十分に下がると、プラークが安定し破れにくくなります。心筋梗塞をすでに起こしたことのある人は、再梗塞を予防することができるのです。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番