[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 女性の薬(1)x18 生理痛の薬-1

鎮痛消炎薬(NSAIDs)
ロキソニンボルタレンブルフェンポンタールなど

この系統の鎮痛薬は「プロスタグランジン」という体内物質の合成を強力に阻害します。プロスタグランジンには子宮を収縮させる作用があり、生理痛にもかかわっています。したがって、プロスタグランジンの生合成を抑える鎮痛薬は、生理痛にもよく効くと考えられます。市販薬ではアスピリンやイブプロフェンを主成分とする鎮痛薬が代表的でしょう。病院で使えるこの種の鎮痛薬は、非常に種類が多く、強力な作用を持つものがあります。

場合によっては、生理予定日の2〜3日くらい前から飲んでおくよう指示されるかもしれません。プロスタグランジンの生合成を先回りして抑えてしまうわけです。胃を荒らすことがありますから、食後に多めの水で飲むとよいでしょう。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 生理痛の原因は、子宮内の月経血を排出させようと子宮が激しく収縮するためです。また、子宮の出口が開くことによる痛み、月経血が卵管のほうに逆流し腹膜が刺激されることによる痛みもあります。下腹部痛や腰痛をともないます。

  • 生理痛の程度は、人によってかなり異なるようです。痛みが強く、仕事や日常生活に支障がでるような場合は「月経困難症」と呼び治療の対象となります。治療薬としては、鎮痛薬、鎮けい薬、漢方薬、場合によっては女性ホルモン薬(ピル)を使うこともあります(別項)。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番