[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 漢方薬x27 鼻炎・蓄膿(漢)

麻黄剤
小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、葛根湯(カッコントウ)、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)、葛根湯加川きゅう辛夷(カッコントウカセンキュウシンイ)

花粉症やアレルギー性鼻炎で、クシャミや鼻水が止まらないときには、小青竜湯がよく使われます。葛根湯は、頭痛や肩こりがあり鼻づまりを伴うときに向きます。体が弱く冷えのある人には、麻黄附子細辛湯がよいでしょう。葛根湯加川きゅう辛夷は、葛根湯に"川きゅう"と"辛夷"という生薬を加えた方剤です。鼻づまりを改善する作用があり、蓄膿症によく処方されています。

その他
苓甘姜味辛夏仁湯(リョウカンキョウミシンゲニントウ)、辛夷清肺湯(シンイセイハイトウ)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)

苓甘姜味辛夏仁湯は、体の弱い寒・虚証タイプで、痰や咳をともなう鼻炎に向きます。辛夷清肺湯と荊芥連翹湯は、熱証の鼻づまり症状に用います。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 小青竜湯は、病院で処方されることの多い漢方薬のひとつです。証にとらわれず、アレルギー性鼻炎や気管支喘息の治療に広く用いられています。本来の証は「表・寒・湿・実〜中間証」です。言いかえれば、わりと体の丈夫な人の急性期の湿性(うすい鼻水・痰)の症状に向く方剤です。体の弱い虚証の人や胃腸の悪い人は避けたほうがよいかもしれません。また、主薬の麻黄に含まれるエフェドリン類は心臓や血管に負担をかけます。高血圧や心臓病など循環器系に病気のある人は慎重に用いるようにします。

  • 小青竜湯のアレルギー性鼻炎に対する効果を調べた比較試験があります。実薬(本物の小青竜湯)を飲んだ人のグループでは約45%の人に効果がありました。これに対し、プラセボ(にせ薬)のグループでは13%の効果にとどまりました。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番