[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue ビタミン・栄養x18 ビタミンC

ビタミンC(アスコルビン酸)
シナールアスコルビン酸

ビタミンCは、皮膚や腱、骨や血管にある繊維成分(コラーゲン)の生成にかかわっています。また、シミの原因のメラニン色素をおさえたり、体の抵抗力を高める効果も期待できます。いわゆる抗酸化ビタミンとしても知られています。欠乏症としては、「壊血病」が有名です。

シナールは、ビタミンCとパントテン酸(ビタミンB5)の配合薬です。ビタミンCの補給に使用したり、炎症後のシミの予防に用います。また、貧血の薬の鉄剤の吸収をよくする目的で、いっしょに飲むことがあります。市販のカゼ薬には、ビタミンCを配合しているものがあります。

副作用はほとんどありません。水溶性のビタミンですので、とりすぎてもすぐに排泄され、体にたまることもありません。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 栄養状態が非常に悪い時代、ビタミンCの欠乏症「壊血病」はわりと普通の病気でした。毛細血管が弱くなって皮下出血が起こりやすくなり、青あざができたり、歯ぐきが腫れ出血したりします。さらに、病気やけがに対する抵抗力が弱くなります。ビタミンCは、このような壊血病には特効薬になります。けれど、近年、重い壊血病はめったにありません。壊血病などビタミンC欠乏症以外の目的でこの薬を飲んでも、実際どの程度の効果があるのかよく分かっていません。

  • 医師の判断で、ビタミンC欠乏症とは関係なく、カゼやアレルギー、あるいは動脈硬化やガンなどに処方されることがあるかもしれません。これらには、多少の効果は期待できても、有効性の裏付けが十分とはいえません。

  • カゼとビタミンCに関する30ほどの臨床研究をまとめた報告があります(Vitamin C for the common cold)。これによると、ふだんからビタミンCを飲んでいてもカゼの予防にはならないということです。ただ、ばらつきがあるものの、カゼのひき始めに1g以上の大量のビタミンCをとると、平均0.5日ほど早く治る可能性があるとしています。

  • ビタミンCを多く含む食品には、ミカン・レモンなど柑橘類、キウイ・いちご・メロンなど果物、野菜類にも多く含まれています。

  • ビタミンCをたくさんとると、尿糖検査や、尿・便潜血反応に影響します。正しい結果がでないことがありますから注意してください。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番