[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 漢方薬x27 肥満症(漢)

肥満症向け方剤
大柴胡湯(ダイサイコトウ)、防風通聖散(ボウフウツウショウサン)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、防已黄耆湯(ボウイオウギトウ)

肥満の多くは、エネルギーが充満している熱・実証タイプです。この場合、エネルギーを抜く瀉性の方剤を用いるのが基本です。

大柴胡湯は、胸脇苦満が強く筋肉質でガッチリタイプの肥満に用います。防風通聖散は、おなかの突き出た太鼓腹の人に好んで用いられます。桃核承気湯は便秘がちで月経トラブルのある女性に向きます。これらの方剤は熱・実証用で、体の弱い虚証の人や軟便傾向の人には不向きです。

寒・虚証タイプの肥満によく用いるのが防已黄耆湯です。冷え性なのに汗かき、色白でなよっとした水ぶとりタイプの女性に好適です。

肥満の場合、これらの基本処方に「よく苡仁(ヨクイニン)」を加えることがあります。よく苡仁には、利尿作用のほか、脂肪の分解を助ける働きがあるともいわれます(本当のところはよく分かっていません)。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • 肥満症の治療は、栄養バランスを十分に考慮した食事療法と運動療法が基本中の基本です。漢方薬は、あくまで補助的なものにすぎません。肥満に対する満足すべき効果が、科学的に証明されているとはいいがたいです。

  • 漢方だからといって一概に安心とはいえません。大柴胡湯や桃核承気湯など大黄や芒硝を含む方剤では、量が多すぎれば腹痛や下痢を起こしますし、大量服用を続ければ効き目が落ちたり、電解質異常を生じることもあります。安易な長期服用は慎むべきでしょう。肥満症の治療は、長期的な食生活の改善が欠かせません。

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番