[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 漢方薬x27 カゼ(漢)-1

麻黄剤
葛根湯(カッコントウ)、5200075 小青竜湯(ショウセイリュウトウ)、麻黄湯(マオウトウ)、麻黄附子細辛湯(マオウブシサイシントウ)

麻黄(マオウ)という生薬を含む方剤の仲間です。これらは、表証、すなわちカゼの引きはじめで悪寒のあるときに適します。ただし、発汗作用があるので、汗がたくさん出ているときには使えません。有名な葛根湯は、体力が中くらい以上の人に広く用いることができます。もし、クシャミや鼻水が多ければ燥性の小青竜湯を、頭痛や関節痛があれば麻黄湯なども処方されます。麻黄附子細辛湯は、虚弱な人で悪寒の強いときに向く方剤です。西洋薬のカゼ薬(PL顆粒)との比較試験で高い有効性が示されています。

その他
桂枝湯(ケイシトウ)、香蘇散(コウソサン)

桂枝湯は、体力があまりなく汗の出やすい人のカゼの初期症状に用います。香蘇散は、胃腸の弱い人に向きますが、鼻水・咳止めの効果はあまり期待できません。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
副作用は少ないのですが、麻黄剤の葛根湯や小青竜湯では心臓がドキドキしたりすることがあります。これは、主成分のエフェドリン類によるものです。とくに心臓の悪い人などは慎重に用いる必要があります。西洋薬のカゼ薬との飲み合わせにも注意します。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番