[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue ビタミン・栄養x18 ビタミンB6

ビタミンB6(ピリドキシン)
ピドキサールリン酸ピリドキサール

ビタミンB6は、皮膚や粘膜を正常に保つほか、神経や血液の働きにも重要な役わりをしています。不足すると、肌が荒れたり、末梢神経の働きが悪くなり手足がしびれたりします。ビタミンB6欠乏性の末梢神経炎や鉄芽球性貧血には必須の薬です。

一般的な用途としては、口内炎、湿疹、ニキビなどの治療に広く使われています。そのほか、結核の薬の副作用(末梢神経炎、貧血)を予防するのに併用したり、子供の点頭てんかんに応用されることがあります。

副作用はほとんどありません。水溶性のビタミンですので、とりすぎてもすぐに排泄され、体にたまることもありません。パーキンソン病の薬(レボドパ)の作用を弱める性質があります。別に薬を飲んでいる場合は、医師に伝えておきましょう。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
  • ビタミンB6を多く含む食品には、肉類、バナナ、じゃがいも、米(胚を含むもの)、麦(パン)、ピーナッツなどがあります。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番