[Home]
スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 漢方薬x27 ニキビ(漢)

ニキビ向け方剤
清上防風湯(セイジョウボウフウトウ)、桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、桂枝茯苓丸加よく苡仁(ケイシブクリョウガンカヨクイニン)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)、当帰芍薬散(トウキシャクヤクサン)、荊芥連翹湯(ケイガイレンギョウトウ)など

清上防風湯は熱・実証向けです。“清上”とは、体の上部を清涼にするという意味です。つまり、上半身、ことに顔の熱や炎症をさます作用が期待できるわけです。顔色のよい元気な人で、きれいな赤色のニキビが多いときに最適です。

紫がかったニキビが目立つときは、漢方でいう“お血”いいかえれば血行不良を治す方剤が使われます。ガッチリタイプで便秘がちならば実証用の桃核承気湯(トウカクジョウキトウ)を、そうでないのなら桂枝茯苓丸を用います。これらは、月経トラブルを起こしやすい女性向きの方剤ですか、男性にも使用できます。

加味逍遙散は熱・虚証用で、のぼせ、イライラ、生理不順などがある場合に適します。当帰芍薬散は、顔色の蒼白い寒・虚証タイプに用いる方剤です。

ニキビの治療には、これらの基本処方に「よく苡仁(ヨクイニン)」を加えることがあります。桂枝茯苓丸加よく苡仁がその代表です。よく苡仁はイネ科のハトムギの種子で、肌をきれいにする作用があるといわれます。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

    
    

 
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番