[Home]
スポンサーも訪れて下さいネ 投げ銭コ-ナ-
 
Top Menue 漢方薬x27 肩こり(漢)

肩こり向け方剤-1
葛根湯(カッコントウ)、桂枝加葛根湯(ケイシカカッコントウ)、葛根加朮附湯(カッコンカジュツブトウ)

肩こりには、葛根湯に代表される葛根含有製剤を用いることが多いです。ただし、いずれも冷えや悪寒をともなう寒証用方剤ですので、暑がりで熱のこもっている人には向きません。葛根湯は寒証で体力が中くらい以上の人に広く用いることができます。桂枝加葛根湯は、汗が出やすく体力のあまりない人に向く方剤です。冷えの強いひどい寒証の人には葛根加朮附湯がよいでしょう。

肩こり向け方剤-2

大柴胡湯(ダイサイコトウ)、柴胡桂枝湯(サイコケイシトウ)、柴胡加竜骨牡蛎湯(サイコカリュウコツボレイトウ)

柴胡剤(サイコザイ)の仲間は、熱証でミゾオチから肋骨下部が張っている胸脇苦満(きょうきょうくまん)を目安に用います。大柴胡湯は、胸脇苦満が強く便秘がちな実証タイプに向く方剤です。柴胡桂枝湯は、体が少し弱い虚証向けになります。もし、いらいらや不安感、不眠など神経症状をともなうときには、柴胡加竜骨牡蛎湯も適応します。

肩こり向け方剤-3
桂枝人参湯(ケイシニンジントウ)、二朮湯(ニジュツトウ)、桂枝茯苓丸(ケイシブクリョウガン)、加味逍遙散(カミショウヨウサン)

桂枝人参湯は、ふだんから胃が弱く虚弱な人の常習性の肩こりや頭痛に用いられます。二朮湯は、五十肩を正式な適応とする方剤です。桂枝茯苓丸は血のめぐりを改善する方剤で、血行をよくするのを助けます。加味逍遙散は、肩こりを含め更年期や生理前後のいろいろな症状、いわゆる不定愁訴を改善する女性向け方剤です。


[PR] 人気の薬系書籍ベスト30 「くすり本NAVI 」

<メモ>
肩こりには、葛根のほか、痛みを発散して治す桂枝、筋肉をほぐす芍薬などを含む方剤が有効です。慢性に続く場合は、漢方でいう“お血”いいかえれば血行不良を改善する方剤も使われます。

    
    

 
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
Good luck & Good by !
おくすり110番