PR おくすり 110番

成分(一般名) 柴苓湯
製品例 ツムラ柴苓湯エキス顆粒(医療用)、クラシエ柴苓湯エキス細粒 ・・その他(ジェネリック) & 薬価
区分 漢方/漢方/漢方製剤

スポンサード リンク 投げ銭コ-ナ-
概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用

概説 炎症をやわらげ、水分循環をよくする漢方薬です。
作用

【働き】

柴苓湯(サイレイトウ)という方剤です。体の免疫反応を調整し、炎症をやわらげる働きをします。また、水分循環を改善し、無駄な水分を取り除きます。体力が中くらいで、口が渇き尿量が少ないことを目安に用います。

具体的には、胃腸炎などによる下痢や嘔吐、むくみ(浮腫)などに適応します。また、腎炎やネフローゼ、喘息や肝炎などアレルギーや免疫系がかかわる病気に、さらには不育症(習慣流産)や妊娠高血圧などの治療にも応用されます。

【組成】

漢方薬は、自然の草や木からとった「生薬」の組み合わせでできています。柴苓湯には、“柴胡”や“黄ごん”など炎症をしずめる生薬のほか、“猪苓”や“茯苓”など利尿作用のある生薬がいろいろと配合されています。これらがいっしょに働くことで、よりよい効果を発揮します。病院では、煎じる必要のない乾燥エキス剤を用いるのが一般的です。

  • 柴胡(サイコ)
  • 黄ごん(オウゴン)
  • 半夏(ハンゲ)
  • 人参(ニンジン)
  • 甘草(カンゾウ)
  • 生姜(ショウキョウ)
  • 大棗(タイソウ)
  • 猪苓(チョレイ)
  • 茯苓(ブクリョウ)
  • 蒼朮(ソウジュツ)または白朮(ビャクジュツ)
  • 沢瀉(タクシャ)
  • 桂皮(ケイヒ)
特徴
  • 基本処方である小柴胡湯と、利尿作用のある五苓散を合わせた方剤です。方剤構成からは“柴胡剤”に分類されます。適応証(体質)は、半表半裏・少陽病(急性〜慢性期)、熱証(炎症)、中間証〜やや虚証(体力中くらい)、胸脇苦満(肋骨下部の張り)、湿証(水分停滞)を目安とします。
  • 柴苓湯には、ステロイド様の免疫調整作用のほか、血小板凝集能抑制作用があるとの報告があります。このような作用を応用し、ネフローゼをはじめ抗リン脂質抗体価が高い不育症(習慣流産)の治療に用いることがあります。ステロイド薬のような強い作用がないかわり、副作用はほとんどありません。
注意
【診察で】
  • 持病のある人は医師に伝えておきましょう。
  • 市販薬も含め服用中の薬を医師に教えてください。

【注意する人】

体がひどく弱っている「著しい虚証」の人は、慎重に用いる必要があります。

【飲み合わせ・食べ合わせ】

芍薬甘草湯など甘草を含む他の漢方薬といっしょに飲むときは、「偽アルドステロン症」の副作用に注意が必要です。

  • 飲み合わせに注意..甘草含有製剤、グリチルリチン(グリチロン等)など。

【使用にあたり】
  • ふつう、漢方薬は食前もしくは食間(空腹時)に飲みます。顆粒は、お湯で溶かしてから、ゆったりした気分で飲むとよいでしょう。むかつくときは、水で飲んでもかまいません。
  • もし、食欲がなくなったり、吐き気を催すようでしたら、食後でもよいと思います。
  • 効果のないときは、医師と相談してみてください。証の再判定が必要かもしれません。

【備考】
  • 漢方は中国で生まれた体系医学です。その起源は遠く2千年以上もさかのぼります。そして、日本にも古くから伝わり、独自の発展をとげました。
  • 漢方の特徴は、体全体をみるということです。体全体の調子を整え、病気を治していくのです。ですから、病気の症状だけでなく、一人ひとりの体質も診断しなければなりません。このときの体の状態や体質をあらわすのが「証(しょう)」という概念です。このような考え方は、西洋医学が臓器や組織に原因を求めていくのとは対照的です。漢方のよさは、薬そのものよりも、証にもとづき「人をみる」という、その考え方にあるといっても過言でないでしょう。
  • 病院では、服用が簡単な「エキス剤」が広く使われています。これは、煎じ薬を濃縮乾燥させたもので、そのままお湯に溶かすだけで飲めます(一部の専門外来では、生薬のまま調合することも)。現在、柴苓湯をはじめ約150種類の方剤が保険適応となっています。
効能 吐き気、食欲不振、のどのかわき、排尿が少ないなどの次の諸症。
  • 水瀉性下痢、急性胃腸炎、暑気あたり、むくみ。
用法 通常、成人1日9.0gを2〜3回に分割し、食前又は食間に経口服用する。なお、年齢、体重、症状により適宜増減する(ツムラ)。

※用法用量は症状により異なります。医師の指示を必ずお守りください。
副作用 漢方薬にも少しは副作用があります。人によっては、服用時にむかついたり、かえって食欲がなくなることがあるかもしれません。しだいに慣れることが多いのですが、つらいときは医師と相談してください。

重い副作用はまずありませんが、配合生薬の甘草の大量服用により、浮腫(むくみ)を生じたり血圧が上がってくることがあります。「偽アルドステロン症」と呼ばれる症状です。複数の方剤の長期併用時など、念のため注意が必要です。

そのほか、間質性肺炎と肝障害が報告されています。万一のことですが、咳や息切れ、呼吸困難、発熱、ひどい倦怠感、皮膚や白目が黄色くなる、といった症状に注意し、そのような場合はすぐ医師に連絡してください。


【重い副作用】 ..めったにないですが、初期症状等に念のため注意ください
  • 間質性肺炎..から咳、息苦しさ、少し動くと息切れ、発熱。
  • 偽アルドステロン症..だるい、血圧上昇、むくみ、体重増加、手足のしびれ・痛み、筋肉のぴくつき・ふるえ、力が入らない、低カリウム血症。
  • 肝臓の重い症状..だるい、食欲不振、吐き気、発熱、発疹、かゆみ、皮膚や白目が黄色くなる、尿が茶褐色。

【その他】
  • 胃の不快感、食欲不振、吐き気、吐く、下痢
  • 膀胱炎様症状(頻尿、排尿痛、血尿、残尿感)
  • 発疹、発赤、かゆみ

概説    作用    特徴    注意    効能    用法    副作用
スポンサード リンク 投げ銭してネ !
おくすり110番

注意! すべての副作用を掲載しているわけではありません。いつもと違う、「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。
症状に合った薬が適正に処方され、また正しく使用するかぎり、重い副作用はめったに起こりません。まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。